ギャラリア 赤い鳥

ホーム > 投稿一覧 > 過去の展示会・イベント

過去の展示会・イベント

手ざわりと着心地の良い木綿が大好きです。その木綿と戯れて半世紀、その魅力にここまで続けて来ることが出来ました。古布が持つ時代を重ねた美しさに手を加え、再び現代に甦らすことに全力で取り組んでおります。昨年秋に大変好評を頂き、ご要望の声を頂きましたので引き続き春の作品展開催となりました。気軽におしゃれを楽しんで頂ける作品を多数展示しております。

コート、ジャケット、パンツ、スカート、バッグ、小物等々、どうか素敵な古布の世界をご覧ください。お待ち申し上げております。【草川愛子】

皆様のお力になれるよう、本年も精いっぱいがんばります。よろしくお願い致します。

呼雲『食への啐啄(そったく)』

素朴でありながら凛とした佇まい、気品のある呼雲の作品展です。食の器に気持ちを込めて取り組んだのは、器と作家の呼吸があったからなのでしょうか。作品と作家の”啐啄の機”をお確かめ下さい。また紅葉の目白庭園散策と共に本展をお楽しみ下さい。

飛騨高山に工房を構える二人の作り手による作品展です。薪窯による窯変の美しさや線象嵌の温かみを追及したカップや器、木の個性を活かした花器や手加工の味を活かした時計や額などを出品致します。会期中は作家が在廊致します。楽しい話を聞くことが出来ますのでぜひ遊びにお出かけ下さい。

このたび自由学園明日館にて「国際アート・カルチャー特命大使自主企画事業”童話童謡雑誌『赤い鳥』100周年記念”」として朗読、音楽、紙芝居の魅力をお届けいたします。この企画はギャラリア赤い鳥(国際アート・カルチャー特命大使)の自主企画ですが、豊島区や自由学園明日館のお力とNPO法人はばたけ千早語り部部会の皆様、東京音楽大学、すがも児童合唱、大澤よしこ・大澤和音の皆様の協力を頂き実現致しました。もちろんギャラリア赤い鳥からは朗読を櫻井春江が精いっぱいお届け致します。

【日 時】平成30年11月3日(土)13時から14時

【場 所】自由学園明日館(豊島区西池袋2-31-3)

【出 演】朗 読:櫻井春江 G赤い鳥(NHK日本語センター朗読サロン生)

紙芝居:NPO法人はばたけ千早語り部部会

演   奏:東京音楽大学卒業生

合 唱:すがも児童合唱団、大澤よしこ、大澤和音

入場は無料、先着200名です。予約は出来ませんので直接会場にお越し下さい。

 

 

 

開催期間10月10日~10月16日

木綿と遊びはじめて50年経ちました。手ざわりと着心地の良い木綿が大好きです。その素晴らしさに魅かれここまで続けてこられました。古布には時代を重ねた美しさがあります。そこに手を加え再び現代に甦らせることに心血を注いでおります。筒描き、刺し子、絣(かすり)を主にチクチク々と・・・。コート、ジャケット、パンツ、スカート、小物等々気軽におしゃれを楽しんでいただける作品を展示致します。どうか素敵な古布の世界をご覧ください。皆様のお出かけを心よりお待ちしております。【草川愛子】

    

懐かしい日本の原風景 Ⅱ

昨年に続き、日本の四季の風景を描いた油彩画15点を展示致します。

ぜひ、ご高覧頂きご批評頂ければ幸いです。(奥崎)

 

荻の島環状集落(新潟県十日町)

鐡の鳳凰完成披露 6月27日(水)~7月2日(月)11時から19時(27日は15時から、2日は15時まで)

江口真代(みのり)が1年以上を費やし、取り組んできた「鉄の鳳凰」がついに完成致しました。この度お施主様のご厚意により、本作品設置前にお披露目を兼ね作品展を開催致します。ぜひご高覧頂ければ幸いです。また鳳凰の他に 柔らかい鉄・優しい鉄・楽しい鉄を考察した作品十数点を同時展示致します。身近な素材である鉄の新たな表情をお楽しみいただけることと思います。

【鐡の仕事”鳳凰”作品のコンセプト】(江口 真代)

鉄の鳳凰を造ってほしいと依頼され、挑戦したのが今回展示の作品です。

私の制作しているものの中に「L-Feb伝説的鉄生物(造語)」としてシリーズ化しているものがあります。”鳳凰”はまさしくそのまま「伝説的鉄生物」となりました。錆びさせた鉄板を材料に何度も試行錯誤を重ね、丹念に鍛造し組あげた作品です。鳳凰は「不死鳥」「フェニックス」と同じと思われますが、細かいことを言えば別の存在だそうです。ただ、どちらも火と再生の象徴と言われているようです。鉄鉱石が高炉で鉄になり、役目を終えて廃材となり、また鉄は再び焼かれ再生します。鉄の中に鳳凰が棲んでいるように感じながら作品に致しました。

■L-Feb■

百億の昼と千億の夜が君を隠した

瞼の裏に金の針で印されるは

伝え聞く断片と星の瞬き

L-FebはLegendary Fe(iron)being伝説的鉄生物、造語です。

鐡の鳳凰リンク

写真は制作途中のものです

開催期間6月13日~6月16日

京都絞りの世界 絞り点描画「京の四季」の公開

大好評の絞り着物、帯、襦袢、帯揚げ、スカーフ、バッグ、はぎれなどを製造元の京都絞栄会(京の絞り職人衆)が直販致します。例えばはぎれを千円(本体価格)から取り揃えております。着物のメンテナンスもお気軽にご相談下さい。

また京都においでの際はぜひ『京都絞り工芸館』にお立ち寄り下さいませ。【京都絞栄会代表 吉岡信昌】

  

 

『神田紀和 風景画展』を風薫る五月に開催致します。四季折々を作者が得意とする川辺(川面)をうつした清々しい作品の数々です。是非お楽しみ下さい。

油彩 河津桜の咲く頃 P8号油彩 新緑の奥入瀬 F6号