ギャラリア 赤い鳥

ホーム > ギャラリーのご案内

ギャラリア赤い鳥のご案内

目白通りを一歩入った閑静なたたずまいの中に位置する、鈴木三重吉(赤い鳥社)居宅跡に、大正デモクラシーの文化資源のひとつとして建つのがこの“ギャラリア赤い鳥”です。
アーティストの方々がご自身を表現することは人生を満たすことにつながります。
文化のかおるこの目白の上質な空間で、そのお手伝いが出来たらギャラリーとしてとても幸せです。
“ギャラリア赤い鳥”のレンタルスペースは自作による美術・工芸品の個展・グループ展など、またご会合やイベント、そして音楽会や朗読会も出来るよう設備が整っております。皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。

内観

  • 展示スペース展示スペース
  • 更衣室・控え室更衣室・控え室

「赤い鳥」

鈴木三重吉と赤い鳥社

“ギャラリア赤い鳥”この場所は大正7年に童話童謡雑誌「赤い鳥」(赤い鳥社)の発祥の地であり、創刊した鈴木三重吉の居宅跡でもあります。
鈴木三重吉は芥川龍之介に「蜘蛛の糸」、有島武郎に「ひとふさの葡萄」などの童話から、北原白秋の「赤い鳥小鳥」、西条八十の「かなりや」などの童謡まで多くの傑作を発表し、児童文学の育成に大きな役割を果たしました。
またギャラリア赤い鳥の前の道、駅に通じるこの道は孫文や情熱の歌人柳原白蓮が行き来した小路としても知られています。由緒ある赤い鳥社・鈴木三重吉居宅跡に建つ“ギャラリア赤い鳥”にぜひお越し下さい。

赤鳥由来

目白庭園

“ギャラリア赤い鳥”から、ほんの15メートルのところに江戸で普及した長屋門があります。門を入ると四季折々豊かな自然の縮景を身近に見て触れさせてくれます。この日本庭園は大都会の喧騒を忘れさせてくれます。鈴木三重吉由来の「赤鳥庵」があり、京都の北山杉を用いた数寄屋建築が水面に優美で落ち着いた姿を映しています。

目白庭園

イタリア文学者 千種堅氏

“ギャラリア赤い鳥”の前地主さんの千種堅氏は1980年過ぎに自宅の一部を画廊にしました。この場所が赤い鳥社のあった由緒ある場所であることを熱心に調べられ1985年5月15日毎日新聞夕刊コラムに紹介されました。千種賢氏は「柳原白蓮女史が銀髪もまぶしい細身の姿で、背をしゃきっと伸ばし歩いておられるところをこの目で見た」と語ってくれました。
“ギャラリア赤い鳥”の完成を楽しみにしていたイタリア文学者の千種堅氏に敬意を祓い画廊をイタリア語のギャラリアと致しました。

ギャラリー説明

歴史ある小径(こみち)に面した鉄筋コンクリート造りの1階がギャラリアです。出来るだけ自然光を廃し、作品の質を高めるよう工夫してあります。直ぐそばの目白庭園に訪れる人が平日でも多くあり、また目白駅に向かう方々の利用する道となっており閑静な場所にありながら人通りが多いところにあるギャラリアです。

  • 外観

見取り図

ギャラリーの備品

  • 芳名帳とペンをご用意致します(無料)。
  • 接客用テーブル1台、椅子5脚(無料)。音楽会などの椅子ご利用は6脚~25脚まで
    有料です。
  • 展示棚は作品の展示方法や出品数によりお打合せにより準備致します(無料)。
  • 作品に寄りご用意出来かねる棚等は、ご自身にて準備・搬入・設置をお願い致します。
  • ピクチャーフックワイヤーの用意があります(無料)
  • ビスなど展示に必要なものをお貸し致します(無料)
  • 脚立など展示に必要な工具をお貸し致します(無料)
  • 音楽演奏の場合は吸音板を設置出来ます(無料)。
    ただし音響効果については責任を負いかねます。
  • アップライトピアノ(有料)
  • ピアノの伴奏(有料)
  • アンプ・スピーカー・ミキサー(有料)

使用規約

“ギャラリア赤い鳥”は皆様の芸術作品展示や小規模の音楽会、会合やパーティーなどにご利用頂きたく利用規約を定めています。ご不明なところは管理者にお尋ね下さい。心よりお待ち申し上げております。

お受けする作品

絵画、書、写真、陶器など自作の美術工芸品

ご使用の期間

原則として月曜日~土曜日までの平日6日間がひとつの単位と致します。
日曜・祝日・振替休日はお休みですが、ご相談に応じます。

開館時間

午前11時から最長午後7時までです。この範囲内で開館時間を設定して頂きます。最終日は午後5時までとします。

搬入・搬出

搬入、展示は午前11時から午後6時とし搬出は午後5時から7時までの間に完了して下さい。

申込方法

使用ご希望の方は、作品の写真や資料を添えてお申込み下さい。
改めて貸か否かの報告を申し上げます。

使用料

ギャラリアへの問い合わせをお待ちしております。日曜日など開催日追加の場合も同額です。
お申込み時に使用料金の半額をお支払願います。残金は会期前日までにお支払いをお願い致します。ご利用者の都合による解約は事情のいかんにかかわらず内金の返還はいたしません。また会期前1か月以内の解約申し出は全額のご負担となります。

禁止事項

①ご使用申込者以外のご利用はお断り申し上げます。
②喫煙・飲酒は固くお断り申し上げます。(お茶、ソフトドリンク、菓子類は会場内でお召し上がれます)

作品の保全

使用者側で行っていただくのが原則です。不慮の事故による破損の場合はその責任を負いません。ご利用の方においては十分ご留意願います。

ギャラリーへの補償

室内や設備を破損、汚損された場合は実費を補償して頂く場合がございます。

控室有ります

2階に3畳程度の控室が有り自由にご利用出来ます。

給湯室利用可能

給湯室の利用が出来ます。紙コップなどは実費となります。利用方法については管理者の説明に従って下さい。

案内文印刷

ご招待状の印刷や発送は使用者側でご負担、お手配をお願いします。ご希望があれば案内状、カタログの作成を致します。

立体作品の展示

展示するための台などは各自でご用意ください。展示棚は一箇所設置してありますのでスペースをご確認下さい。

ギャラリーの営業時間

レンタルスペース
11:00~19:00(月~土) ※ご相談に応じます
常設展示・
ワークショップ等
夏季 11:00~19:00
冬季 11:00~18:00
※第2、第4月曜日は休み
スケジュールはこちらよりご確認下さい

ギャラリーまでのアクセス

所在地
〒171-0031 東京都豊島区目白3-18-7
電話番号
電話:03-3565-6101
FAX:03-3565-6113
最寄り駅出口
JR山手線 目白駅より徒歩4分(出口・改札は一カ所です)